読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンファの回避率が下がった!

ポケモンブログになるはずだったなにか

【バイオ7】DLC 21 紹介記事

サバイバルモード、サバイバル+モードのクリアが終わったので紹介記事。

ストーリーに沿ってゲームを行う21本編と勝ち抜き戦を行う上記二つのモードがあるのですが今回は後者に関することに絞って書いていこうかなと思います。

 

『ベイカー家の長男、ルーカス。
嗜虐的な彼に囚われたあなたは、他の虜囚を相手に、身体、
そして生命を掛札としたギャンブルに挑まされる事となる。』

f:id:xianghuapoke:20170216040114j:plain

 

xianghuapoke.hatenablog.com

 だいたいのルールについては上の簡易紹介記事を見てください。

 

簡易紹介で書いてなかったことなんですがまず、「生命を掛札とした」とあるようにまずこのモードにはライフポイントがあります。

一回の勝負で負けるごとに1ずつ減っていき相手のライフを0にすることでその人との勝負は終わり。次の対戦に進むことになります。

 

サバイバルモードは

お互いのライフは5、自分のライフは次の対戦に持ち越しで五人抜き

サバイバル+モードは

お互いのライフは10、自分のライフは次の対戦に持ち越しで十人抜き

 

でそれぞれクリアとなります。

ちなみにライフが減る演出としてサバイバルは指がちょん切られてサバイバル+は電気ショックを浴びるというものがあり、一回の勝負ごとにそれを見なければならないので、ようつべとかで動画見ようと思ってる人は注意した方がいいかもしれません(こなみかん)。

 

あとこれは意外と重要なルールだと思ったんですが

場のカードの合計が21を超えてしまった場合そのプレイヤーは自分のターンにカードを新たにドローすることができない

 

SPカード
「このゲームにはゲームをうまく進めるためのSPカードが存在する。SPカードはゲーム開始時に三枚貰え、「カードを引く」を選択したときに引いてくる数字カードとは別で一枚貰えることがある。自分のターンに任意で使用することができる。」

 

簡易紹介記事では盤面に影響を与えるものだけ紹介しましたがこっちではできる限り(まだ開放してないやつとかあるので)すべてのSPカードを紹介したいと思います。また、戦略的な面での追記とかも入れていきます。

それからSPカードには使い捨てタイプと場に置き続けるタイプの二種類があるのですがこの記事では設置するタイプの説明を青で表記します。

 


 
「ドロー〇」
=〇にある数字のカードが山札に残ってるならそれを引いてくる。仮にこれを使用してカードが引けなかった場合、盤面にそのカードが見当たらないなら相手の隠れているカードがそれだと分かるので爆アド

「リムーヴ」
=相手が最後に引いた表向きのカードを山札に戻す

「リターン」
=自分が最後に引いた表向きのカードを山札に戻す

「エクスチェンジ」
=相手と自分の最後に引いた表向きのカードを交換する。使い勝手が非常によろしいカード。パーフェクトドローで21を作りドヤ顔決めてる相手のカードを交換して22以上にしてあげよう!

「パーフェクトドロー()」
=山札に残っているなかで自分にとって一番都合のよいカード(例:合計17の時点で4が山札にあるなら4)を一枚引いてくる。+がつくと上記効果に加え、このSPカードが場にある間その勝負で相手が失うライフポイントを5増やす

「ラブユアエネミー」
=山札に残っているなかで相手にとって一番都合の良いカードを相手に一枚引かせる。パーフェクトドローでドヤ顔決めてる相手に(ry

↑サバイバルで見かけたことはない。ストーリー専用?

「ゴール〇」
=確認できているものだと17、24、27が存在する。このSPカードが場にある間、勝利条件を「〇にある数字に近い数字を作った者が勝ち」に変更する。自分がこれ以上引くと21超えそうなときに24にするとか相手の盤面にでかい数字たくさん見えてるときに17にするとか使い道はいろいろ。

「SPチェンジ(+)」
=SPカードをランダムに二枚捨て、ランダムに三枚引く。+がつくと一枚捨てて三枚引く(←一度しか見てないので曖昧)

「デストロイ(+)」
相手が最後に場に置いたSPカードを取り除く。+がつくと相手の全てのSPカードを取り除く。サバイバル+だと「場にある間、相手はカードが引けなくなる」だの「場にある間、SPカードの所持枚数分相手が失うライフを増やす」みたいなチートカードを相手だけが平然と多用してくるようになるのでその対策に持っておかないと詰みかねない、あとは後述の設置カードを剝がしたりとか。

 

「ベットアップ2(+)」

=SPカードを一枚引く&このSPカードが場にある間、相手がその勝負で失うライフを2増やす。メリットしかないカードなのでとりあえず勝ち確だとわかったら置きまくるのが良い。逆に相手がめっちゃ置いてきたら盤面を警戒しなければならない。+がつくと「リムーヴ」の効果が付け足される。SPの中では頻繁に手札に来るカードでもある。

 

「シールド(+)」

=このSPカードが場にある間自分がその勝負で失うライフポイントを1減らす。+がつくと2減らす。どうしても負けが見えてる勝負はこれを使って被害を最小限にしましょう。相手がベットアップを使ってこなければライフを失わずに済むことも。相手が使ってきたら「デストロイ」や「ベットアップ」で容赦なく剥がしましょう。

 

 

 一通りやった感想としては、自分でデカい数字を引いて、そこそこな数字で21を作ろうとしてる相手に「エクスチェンジ」を使って21超過させて何もさせない動きが強かった。特にサバイバル+のラスボスは必ずと言っていいほど初手「パーフェクトドロー」を使ってきてカードを引かないを連打するアホなのでこの動きがとても強かったです。

 基本的には、相手の見えないカードの中身を探れば勝てると思います。サバイバル+だとだいたい5人倒したあたりから相手の使うSPがえぐくなってくるので頑張ってください(笑)

 

ゲーム性自体は面白いのでグロが大丈夫な人はぜひやってみてください!

 

おまけ

f:id:xianghuapoke:20170216040723j:plain

ゲーム画面はこんな感じ